サンドウィッチマン寿司屋漫才

伊達伊達

どうもサンドウィッチマンでございます。

富澤富澤

宜しくお願いします。

伊達伊達

宜しくお願いします。まぁ、世の中には興奮することいっぱいありますけど。

富澤富澤

うん。

伊達伊達

1番興奮するのはやっぱりお寿司屋さんに行った時だよね。

富澤富澤

間違いないね。

伊達伊達

うん。あ、お寿司屋さんだ。興奮してきたな。ちょっと入ってみようか。ガラガラガラガラ。

富澤富澤

ヘイヘイヘイヘイヘーイらっしゃい!

伊達伊達

少年野球かお前。うるせーな「ヘイ」が。1回でいいんだ、バカ野郎。

富澤富澤

何様ですか?

伊達伊達

何名様だろ。

富澤富澤

何名様?

伊達伊達

なんだ何様ってこの野郎。1人だよ1人。

富澤富澤

先に誰かいらっしゃってるとか?

伊達伊達

いや、誰も来てない。俺1人で来たから。

富澤富澤

あとからは誰かいらっしゃる?

伊達伊達

いや誰も来ない。俺1人で飯食いに来たから。

富澤富澤

誰か僕の友達呼びましょうか?

伊達伊達

ダメなのか、1人で。1人で寿司食いに来たんだよ!いいだろうがそんなもん、お前。

富澤富澤

じゃあカウンターでよろしいでしょうか?

伊達伊達

カウンターでいいよ。

富澤富澤

じゃあ隣にどうぞ。

伊達伊達

なんで内側に入るんだよ。お客さんだからこっち側でいいよ。

富澤富澤

大丈夫ですか?

伊達伊達

大丈夫だわ。

富澤富澤

寂しくないですか?

伊達伊達

寂しくねーわ、全然。なんでそんなに言うんだよ。

富澤富澤

じゃ、こちらおしぼりになります。

伊達伊達

みんな1人で食ってるよ。俺よく1人で食うからさ。(※おしぼりで顔を拭く)

富澤富澤

すいません、お客さん。それヒラメでしたね。

伊達伊達

ヒラメだったのか!顔くっせーなー、お前。なんで座った瞬間ヒラメよこしてんだよ、お前。

富澤富澤

はい。

伊達伊達

バカじゃねーの、こいつ。

富澤富澤

すいません。

伊達伊達

きったねーなー。

富澤富澤

お飲み物アイスコーヒーで…

伊達伊達

頼まねーよそんなもん。寿司屋だ、寿司屋。ビールで。

富澤富澤

ビールで!じゃ、今お注ぎします。(※ビールの栓をあけて、伊達に注ぐ)

伊達伊達

あ、いいね。(※コップを持つ仕草)ハイハイハイ。(※飲む仕草)

富澤富澤

すいません、コップまだでしたね。

伊達伊達

コップなかった。コップなかったのかよ、お前。

富澤富澤

(※笑いながらテーブルを拭く仕草)

伊達伊達

俺何持ってたんだよ今。ビッショビショじゃないかよ、ここよ。ふざけんじゃないよ、バカ野郎。

富澤富澤

はい。

伊達伊達

大丈夫?この寿司屋。

富澤富澤

すいません。

伊達伊達

じゃ、握ってもらおうかな。

富澤富澤

何から握りましょか。

伊達伊達

うーん、じゃあコハダちょうだい。

富澤富澤

出来るかなぁ…(※バットを構える)

伊達伊達

それ駒田だ、それ、お前。バカじゃないの?誰が駒田ちょうだいって言ったの。

富澤富澤

何?

伊達伊達

コハダっつったんだよ。

富澤富澤

あ、コハダっつったんですか。

伊達伊達

もうコハダいらねーよ。エンガワちょうだい、エンガワ。

富澤富澤

(※耳を引っ張って、ボールを投げる仕草)

伊達伊達

それ江川だ、それ。え、何なのこの店。ものまね寿司バーか?

富澤富澤

違います!

伊達伊達

違うよね?

富澤富澤

はい。

伊達伊達

バカじゃん。握ってくれって言ってんの。

富澤富澤

はい、握ります。

伊達伊達

マグロちょうだい、マグロ。

富澤富澤

マグロで!はいよ!(※寿司を握る)

伊達伊達

それ養殖?

富澤富澤

(※笑いながら)お客さん!寿司っていうのは・・・和食です。

伊達伊達

分かってるわ、そんなもん。

富澤富澤

(※爆笑)

伊達伊達

いや、分かってるそんなの。いや、そうじゃなくてね。天然かをどうかを聞いてるの。

富澤富澤

(※笑いながら)天然なのお客さんじゃないですか~。あっはっは。

伊達伊達

なんで俺が天然なんだよ。

富澤富澤

(※笑いながら)寿司を洋食かって。

伊達伊達

バカじゃねーの。お前ド天然じゃねーか、お前。

富澤富澤

(※爆笑しながら)ちょっと待って、ちょっと待って。

伊達伊達

養殖か天然か・・・

富澤富澤

(※爆笑しながら)ちょっと何言ってるか分かんないですね。

伊達伊達

なんで分かんねーんだよ。誰が仕入れたんだよ、これ。もうマグロいらねーよ、バカ野郎。中トロくれ。

富澤富澤

(※握ってたマグロを食べて)はいよ。

伊達伊達

なんで食ったんだ、お前。中トロ、中トロ。

富澤富澤

(※寿司を握りながらワサビを何度もつける仕草)

伊達伊達

大将。

富澤富澤

はいよ!

伊達伊達

ワサビつけすぎだろ。

富澤富澤

あ、これ、ワサビじゃなくてニベアです。

伊達伊達

なんでニベア今塗ってんだよ。

富澤富澤

手が荒れちゃうんですよね。

伊達伊達

知らねーよ、そんなもん。寝る前に塗れよ、そんなもん。

富澤富澤

(※おにぎりを握る仕草)

伊達伊達

おにぎりみてーんなってる、ほら!

富澤富澤

はいよ!

伊達伊達

要らないよこんなもん!バカじゃないの、お前。イカくれ、イカ!

富澤富澤

イカで!

伊達伊達

イカとタコだろ。

富澤富澤

イカとタコで。はいよ。

伊達伊達

ああ。

富澤富澤

(※イカを触ろうとして)ぷぷっ、気持ちわり~。(※何度も手を引っ込めながら握る)よくこんなの食うな~。ヘイ、イカお待ち!

伊達伊達

食いづらいよ、すごい…

富澤富澤

(※タコを持ち上げて)あーくっ付いてくる!(※手のにおいを嗅いで)うわーっ、くっせー!やべー。ちょっ、ちょっ!あっ、やべー、ウンコ漏れちゃった。どうしよ。どうしよ。握っちゃおうかな。やってもらっていいですか?

伊達伊達

やめちまえ。寿司屋やめちまえ。

富澤富澤

すいません。

伊達伊達

なぁ。イカとかタコ、触れねーんだったらよー。

富澤富澤

すいません。

伊達伊達

お前何途中ウンコ漏らしてんだよ。ウンコ漏らしたあと、ちょっと握っちゃおうかなーってどういう事だよ。もう帰るわ。

富澤富澤

お会計で。

伊達伊達

お会計だ、バカ野郎。

富澤富澤

お会計6万円になります。

伊達伊達

高過ぎるだろ。

富澤富澤

(※おでこを叩きながら)間違っちゃった、お客さん。

伊達伊達

やめろこれ(※おでこを叩く仕草)。田舎くせーから。

富澤富澤

6千円です。

伊達伊達

6千円でもたけーよ、お前。

富澤富澤

6千円です。

伊達伊達

揉めんの嫌だから払うわ。

富澤富澤

ありがとうございます。

伊達伊達

はい、ちょうど。

富澤富澤

はい、お預かりしまーす。7千円のお返しですね。

伊達伊達

儲かっちゃったよ。

富澤富澤

(※おでこを叩きながら)間ー違っちゃった。

伊達伊達

千円儲かっちゃったよ、お前。

富澤富澤

(※おでこを叩きながら)間ー違っちゃった。

伊達伊達

バカじゃねーの。千円儲かっちゃったよ。

富澤富澤

それ返してもらっていいですか?

伊達伊達

どれ返すの?

富澤富澤

そのヒラメ返してもらっていいですか?

伊達伊達

ヒラメだったのか。もういいよ。

サンドウィッチマン漫才『寿司屋』の動画はこちらをクリック。