中川家ネタ書き起こし

剛

どうも~。

礼二礼二

どうも、中川家でございます、よろしくお願いいたします、ありがとうございます~。まぁほんとにこの世の中ね、

剛

はい。

礼二礼二

まぁ何が起きるか分からんからやっぱり自分の身は自分で守らなあかんなァと思いますね。

剛

まぁ分かりますけどね、言うてること。

礼二礼二

いやだからね、僕なんかでもね、考えたらやで?いや何かもう、空手か何かやっときゃよかったな思って。もし何かあって襲われた時とかね。

剛

暴力振るうのはアカンけどね。

礼二礼二

アカンけどね。

剛

一応な。

礼二礼二

やっぱ身を守ると言うかね。

剛

大丈夫やわ、それやったら俺は。

礼二礼二

何?お前大丈夫なワケないやろうが、何が大丈夫やねん?

剛

空手やってたから。

礼二礼二

え?

剛

空手やってたから。

礼二礼二

、、、聞いたことないで?俺。

剛

聞いたことないから言うてんねん。

礼二礼二

聞いたことないから?いや、俺ら他人コンビやないからねぇ。

剛

分かってるぅ。

礼二礼二

お前、その、防御出来んの?

剛

信用してないん?

礼二礼二

え?あ~そう。ほな、もしこう襲われ…

剛

おぅおぅ、来てみ。

礼二礼二

おぅ、何やコラ!

※剛の胸ぐらをつかむ礼二

剛

おぅ、何や!

礼二礼二

おぅ、コラ!

剛

おぅおぅおぅ…おぅ。

礼二礼二

何や、おぃコラ!

剛

おぅおぅ。

礼二礼二

おぃ!

剛

ごめん、6時から空手やねん。

礼二礼二

意味ちゃうやん!意味ちゃうねん、空手やってたとか。習いに行っとるやないか、それ。

剛

あっ、そういうのでは無理なんや?

礼二礼二

いや、無理やけどね~。

剛

なるほどね~。

礼二礼二

でもいろんなまぁ、あの~格闘技みたいなんありますけど、

剛

はいはい。

礼二礼二

身を守るとういうかね。

剛

えぇ。

礼二礼二

アレ柔道だけはどやろね、アレ。

剛

いや、柔道が一番強いらしいですよ?

礼二礼二

柔道なんか、なんか役立つか?

剛

立つ立つ。ほなもっかい来てみ?

礼二礼二

ん、いいよいいよいいよ。オイ、オラ!ってなるわね?

剛

うんうんうん。

礼二礼二

おぅ。

※剛に襟を掴まれ技を仕掛けられるがびくともしない礼二

礼二礼二

え?何や?

剛

こう、ここもう、スリスリってなるから。ここスリスリスリーっ!ここイーっ!て。

※礼二の襟元を擦りながら話す剛

礼二礼二

いや、そんなん言うたらお前、こ、こうガチン!って。

※剛に殴りかかるフリをする礼二

剛

ガチン!ってやってここ、スリスリスリーっ!

※両手で礼二の襟元をつかみ引っ張る剛

礼二礼二

痛い痛い。ほなナイフでグサーっ!

※剛をナイフで刺すフリをする礼二

剛

スリスリスリーっ!

※両手で礼二の襟元をつかみ引っ張る剛

礼二礼二

もうえぇわ!なんやねん、スリスリスリ!て。ま、いろんなそういうことは身に着けとかなあかんなと思うけどね。

剛

はい。

礼二礼二

まあホンマにもう表行ってもまあいろんなことあるからね。

剛

えぇ。

礼二礼二

えぇ。まぁだからホンマに不思議やなと思うのはね、

剛

うん。

礼二礼二

まぁ、だから大阪なんかでもさ、

剛

うん。

礼二礼二

やっぱガラ悪いっとかちゅうか、何か言われるやん。特にあの、あのね、通天閣の近辺なんか行くとね。

剛

あ、そーお?

礼二礼二

まあ、あの辺行ったらもうワケの分からんおっちゃんのてんこ盛りやからね。

剛

ウソやん。

礼二礼二

そらもうそや。ディズニーランドよりキャラクター豊富やもん。

剛

どういうこと!?キャラクターって。

礼二礼二

いや大体みんなニコって笑ったら歯2本しかないねん。

剛

あ、ここに?

※人差し指と中指の2本を前歯に当てる剛

礼二礼二

いや、前にちょこんて二つやったら「うわ、チップとデールや!」って言うて。

剛

違うの

礼二礼二

ちゃう、歯、上1本、下1本しかない。

剛

え、うそやん?

礼二礼二

ほんでいつもあの、ほら、昼間からお酒を召し上がられてね。

剛

うん。

礼二礼二

こうなんか言うてはるやん。「ワァ!コラ~!(聞き取り不能)オラ~!(聞き取り不能)」

※突然大声で”大阪のおっちゃん”のマネを始める礼二

剛

え?ごめん、わかれへん。

礼二礼二

何?橋下市長もちゃんとせなアカンわ、言うてんねん。

剛

あぁあぁ。それお前やろ?ちゃんとせなアカンの。

礼二礼二

「(聞き取り不能)何撮っとんねんコラ~っ!」

剛

何撮っとんねんて!…コレ何コレ?

※礼二が持っているものを指して聞く剛

礼二礼二

これワンカップ大関。

剛

あぁ、ワンカップ大関。

礼二礼二

なんか変なおっちゃんいっぱいおるやんか。

剛

えぇ。

礼二礼二

まあ僕なんかね、ようね、あのやっぱりね、芸人として絡まれるのはね、やっぱもうちょっとね元気なね、

剛

うん。

礼二礼二

あの、おっさん。

剛

あ、元気なおっさん?

礼二礼二

元気なね、浅黒~い感じのおっさんおるやん?こんな、こんなおっさん。こんなんおるやん?

※落ち着きのない歩き方でウロウロする礼二

剛

ハッハハハハ、ハッハハハハ、それ病気やろ~?

礼二礼二

ちゃう!こんな病気あるか?お前。

剛

下半身の病気やで。

礼二礼二

どんな病気やねん、下半身の病気て!

剛

それで最後こうなんねんろ?

※ワンカップ大関を持つマネをする剛

礼二礼二

ちゃう、違うがな!そういう人にね、絡まれたらね、

剛

なるほどね。

礼二礼二

やっぱ僕らみたいなん特に、こう、オイ!とか言われても逃げてまうもんね。

剛

あ~。

礼二礼二

あ~怖い。

剛

怖いなァ。

礼二礼二

怖いからね。

剛

でも逃げられへん時あんで。例えば、なんか女の子と二人で歩いてたとしてね。

礼二礼二

おぉ、繁華街をね。

剛

うん。前からイカツイおっさん歩いてくるとするやん。

礼二礼二

歩いてくる、うん。

剛

もうもう身長も190センチくらいあるおっさん。

礼二礼二

190もあんの!?おっさんやで?おっさんやで?

剛

知らん。

礼二礼二

知らんて、お前が言うたんやないか!何言うとんねん、お前は。

剛

前からフラフラフラフラ歩いてきて、

礼二礼二

190のおっさんが?

剛

…知らん。

礼二礼二

いや、知らんやない、お前頭おかしいんちゃうか?お前。いや、190のおっさんが歩いてくんのやろ?

剛

前からフラフラ歩いて来て、

礼二礼二

おぅおぅ。

剛

お前の肩にパシーン!って当たるワケよ。

※礼二の肩を叩く剛

礼二礼二

当たるね。

剛

一人やったら逃げてるけど。

礼二礼二

そりゃそうや怖いから。

剛

一応横に彼女おるから。

礼二礼二

うんうんうん。

剛

「オイちょっと待て!」言わなアカン、もう顔この辺あるから。

※右手を高く挙げて言う剛

礼二礼二

あ、一応言わな。バーン!と当たってからかい!?

剛

バーン!と当たったあと。

礼二礼二

オイこら!待たんかい!

剛

なんやねんコラ!

※掌を180°回転させる剛

礼二礼二

そない手みたいな顔のヤツおるか!

剛

違う、今振り返ってん。

礼二礼二

先言えよ!振り返ったんやったら。オイ、コラ!お前ぶつかっとったら謝らんかい!

剛

誰に言うとんねん!お前。

※手で作った”キツネ”を動かしながら話す剛

礼二礼二

なんでキツネやんねん!?

剛

口元を表してんねん。

礼二礼二

口元を表してんねん、って、教科書みたいな言い方すな!ちょ、こっち来い!

剛

おぅ行ったら!

礼二礼二

おぅ、190のおっさん来るワケや。

剛

うん。

礼二礼二

最初が肝心やからね。

剛

えぇえぇ。

礼二礼二

僕もまぁ、まぁかましますやんか。

剛

えぇえぇ。

礼二礼二

オイ! ~韓国語風のセリフ~ …アンニョンハセヨ!

※剛に握手を求める

剛

あ…。

※握手した手を離さない礼二

礼二礼二

~韓国語風のセリフ~ …BBクリーム!

※手→顔と続けてクリームを塗りたくる礼二

礼二礼二

BBクリーム、BBクリーム!スムニダ。イエイ。~韓国語風のセリフ~ BBクリーム!ヨ!

剛

もう買いました、買いました。

礼二礼二

~韓国語風のセリフ~ …蓋にも付いてるからね!

剛

日本語やん!

礼二礼二

ねぇ?

剛

蓋にも付いてからね!言うてるやん。

礼二礼二

いや、言うてへんわ、気のせいや。

剛

気のせいですか。

礼二礼二

気のせい、気のせいスムニダ。んで、でねぇ、もう向こうがコイツら何言うとんねん?ってボ~っとしとる間、僕は逃げるワケや。

剛

結局逃げんねや。

礼二礼二

そりゃそうや。お前はどないするんや?

剛

逃げへん、絶対。

礼二礼二

逃げへん?

剛

うん。

礼二礼二

前から怖いおっさん歩いてくんねんで?

剛

うん。

礼二礼二

肩と肩がぶつかってね、この怖いおっさんや。来るがな。

剛

あっ、痛っ!

礼二礼二

っ…!痛いのうコラァ!

剛

誰に言うとんねん!オラ!

※”キツネ”にした右手を高く挙げて言う剛

礼二礼二

それはもうえぇねん!アホ!やめさしてもらうわ。

中川家ネタ『大阪のおっさん』の動画はこちらをクリック。